Custom Field Template[使い方・基礎編]

get_post_meta(A,B,C)

特定の投稿と特定のキーからカスタムフィールドの値を取得します。
[引数]
A(integer):データを取得したい投稿のID(必須)
B(string):取得したい値のキー名の文字列(必須)
C(boolean):trueにセットした場合、文字列として単一の結果を返します。falseの場合、関数はカスタムフィールドの配列を返します。省略した場合はfalse
 

続きを読む Custom Field Template[使い方・基礎編]

カスタム投稿タイプのパーマリンクを短くする

カスタム投稿タイプのパーマリンクはタイトル(をURLエンコードしたもの)が使われますので、日本語でタイトルをつけようものなら、ものすごい長さのパーマリンクになってしまいます。

これをひと手間掛けるだけで、扱いやすい長さのパーマリンクに出来ます。

続きを読む カスタム投稿タイプのパーマリンクを短くする

CSV Importerでカスタム投稿・カスタムタクソノミーをインポート

EXCEL形式のデータを利用する機会があったので、CSV Importerを使ってインポートしてみました。

その際の備忘録

続きを読む CSV Importerでカスタム投稿・カスタムタクソノミーをインポート

WordPress3.1の複数タクソノミークエリーで

tax_queryの引数を
'field' => 'name'
もしくは
'field' => 'slug'
にした場合、
'terms' => XXX
のXXXに日本語は使えないっぽい(そもそもスラッグに日本語はないだろというツッコミはなし)。
 
 

続きを読む WordPress3.1の複数タクソノミークエリーで

WordPress 3.1 公開!Custom Post Type UIもアップデート

WordPress 3.1が公開されてます。日本語版は準備中とのこと。

3.0の頃には本体だけではできなかった、カスタム投稿タイプの一覧もarchive-posttype.phpというテンプレートファイルで利用できるようになります。

続きを読む WordPress 3.1 公開!Custom Post Type UIもアップデート

複数のカスタムタクソノミーで(カスタム)投稿を絞込む

WordPress3.0で使いやすくなったと言われている、カスタムタクソノミー。
でもCMS的に使うためにはまだ不完全といえるでしょう。

何がダメって、複数のカスタムタクソノミーで絞込みができない(でも次のバージョン3.1では出来る、ってフォーラムの人が言ってました)。

なので次のバージョンまでの息の短い改造になりそうですが、今必要な方&備忘録としてまとめます。

続きを読む 複数のカスタムタクソノミーで(カスタム)投稿を絞込む