HighPoint Technology Rocket RAID 4320のRMA(その1)

(次回からの続き)

ST3500418AS(500GB*8)=約4TBの1GBをシステム、3TB(こんなに使わんけど)をデータ領域としてフォーマット。

ディスクユーティリティの復元機能でデータを移行します(この手軽さはWindowsにはない)。

それなりに容量があるのでシステムディスクで2h、データディスクで3.5hくらいの所要時間です。

でも、3時間経っても4時間経っても終わらないし、果てはKernel Panicまで起こります。

アクティビティモニタで見てみると100MB/s前後で2~3h走った後、一旦転送がストップして、再度転送が始まる際にKernel Panicが起こってる模様。

HighPointのサイトをみても新しいドライバやファームウェアがあるわけでなし、WEBに該当するような情報が落ちているいるわけでなし。

ということでHighPointのWEBサポートにつたない英語で問い合わせてみました。

(続く)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です